自信を持って叫ぶ彼女とぬるいビール星空と谷になびくそよ風

「少年」が好きな人もいるだろうし、嫌いな人もいると思う。なにも思わない人だって。アナタにとって、「オムライス」って、どうなんだろう?

凍えそうな大安の日没は窓から

家の前でハンモックに揺られ、心地良いそよ風に身を任せていた、休日の午後の事。
空にはゆったりと雲が流れていた。少年は、我が家のネコが「ギャニャァッ!」と吠える声にビックリして、ハンモックから下に落ちてしまった。
まじまじと観るとネコは蛇に向かって、すぐにでも飛びかかれる体勢で唸りながら恫喝していた。
蛇はそんなには大きくなくて、毒も持っていなさそうだったので、少年は木の枝でつついて追い払い、ネコを抱きかかえて再度ハンモックに寝転がった。
少年は、猫の背中を撫ぜてやりつつお腹の上で寝かせ、気持ち良さそうに前足をしまう猫を眺めた。

泣きながら話す父さんと観光地
甘い食べ物がすごく好みで、洋菓子やだんごなどをつくるけれど、娘が色々わかる年になって自作するものが気を付けなければならなくなった。
私たちがとっても喜んで口にしていたら、子供がいっしょに口にしたがることは当然だから子供も食べられるお菓子を私がつくる。
私は、チョコ系のケーキがたいそう好きだったけれど、子供にはチョコ系のスイーツなどは小さなうちは食べさせたくないのでつくれない。
ニンジンやかぼちゃをいれた蒸しケーキが栄養的にもいいと考えているので、砂糖を少なくして入れて焼く。
笑顔でおいしいと言ってくれたら、ものすごくつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
最近、ホームベーカリーも使用して焼いたりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

ゆったりと走る家族とわたし

たばこは体に悪い。
と言う事実はあるものの、知っていても吸ってしまうという。
正社員として働いていた時代、業務の関係で知り合った製薬会社の社長である年配の方。
「私が元気なのは、喫煙とワインのおかげです!」なんてはっきり言い切っていた。
胸を張って聞かされると失敗が目に見えている禁煙は無しでもいいのかもな〜と思う。

喜んで跳ねる家族と飛行機雲
読書をするのは好きだけど、全ての本が好きなはずはない。
江國香織さんの文章にとても惹かれる
もうずいぶん同じ本を読み進めている位だ。
主人公の梨果は、8年同棲した恋人の健吾に別れを告げられてしまうが、そのきっかけの華子と一緒に住むようになるという少々変わった小説だ。
とにかくラストは衝撃的で、大胆な形だがそれを知ったうえで振り返ると「確かに、この終わり方はありえるかもしれないな」というのを匂わせている。
そして、ワード選びや登場する音楽や、物など、魅力的。
ミリンダが出ればミリンダを飲みたくなるよう書かれているし、べリンダ・カーライルや古内東子といったミュージシャンが出てくるとつられてCDをかけてしまう。
言葉選びの仕方が優れているのだろう。
また、悲しい美しさだと思った…といった表現がどこから飛び出してくるのだろう。
こういった文章に虜にされて、夜に何回もおなじ江國香織の作品を読んでしまう。
好きな作家さんの作品との深夜の一時は夜更かしの原因なのだと感じる。

雲が多い日曜の晩は昔を懐かしむ

友人の彼であるSさんが経営する会社で、毎回紀州産の梅を使用した梅干しを買っている。
アルコールが入ると電話をかけてくるSさんの可愛い後輩のEくんは、まったく会話がかみ合ったことがない。
ノンアルコールの時のE君は、非常にあがり症らしくそこまでいっぱい話してくれない。
したがって、一回もEくんとは満足いくくらい話をしたことがない。

雹が降った週末の明け方は外へ
実行させたら、完璧に仕上がるまで多くの時間を要するものが、世間には数多くある。
代名詞は、外国の言葉だと思っている。
実は、韓国語だけは例外ともいえるようで、私たちが話す日本語と語順が同じ、SVOで、実は日本語にない音が少ないので、身になりやすいそうだ。
昔、韓国語を学んだ友人曰く、英語よりは確実に身に付きやすいので飽きないよ、とのこと。
ほんの少しいいなーと思ったけれど、独特なハングルはお絵かきにしか思えない。

そよ風の吹く木曜の深夜はゆっくりと

仕事で必要なモウソウダケを大量にもらえるようになり、ありがとうございますと言いたいのだが、密集した竹が障害となっていてもっと運び出してほしがっている山の持ち主は、私たちの必要量より竹を持っていかせようとするのでちょっと困る。
必要な量より多く運んで戻っても余ることになるのだが、場所をとる竹が邪魔で邪魔でしょうがないらしく、運んで行ってくれとしきりにせがまれる。
こちら側もいるものをもらっているので、断りづらい。

じめじめした土曜の晩にカクテルを
普段はないのに、不安定な心持になり、ちょっとのことでも苦しくなった。
特に訳はなく、なぜか切なくなったり、今やっていることが無意味に思えたりした。
そんな感じになっていても、外に出る仕事ができた。
コンテンツはビッグな会場でのイベントごとで、結構立派な案件だった。
ミスっては良くないので無我夢中で夢中でこなしているうちにカラリと明るい心持に戻ってきた。
そういえば、あの時は外出して日差しを浴びるという事をしなかったんじゃないか。
夜間はさけて外に出るのも良い事かもしれないと思った。

雨が上がった日曜の夜明けは座ったままで

あまり、ドラマは見ないが、近頃、それでも、生きていくを録画してから見ている。
殺人犯側の両親と妹と被害者側の家族が会うことになってといった内容で、ふつうに考えて起こるはずがない話の中身だと思う。
被害者側の家族と殺人犯側の両親と妹のどちらの家族も悲しみに包まれている話が出されている。
話の内容はめっちゃ暗いと思うが、しかし、ビジュアルはきれいなようにされている。
花や自然の映像がとても多く使われていて、牧歌的できれいな映像がとても多く使われている。
これから、ストーリーがどうなっていくのか想像がつかないけれど、ちょっとでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

気持ち良さそうに踊る家族と濡れたTシャツ
何故か今頃任天堂DSに熱中している。
はじめは、TOEIC対策にもっと英語漬けや英語関係のソフトを購入していたのみであった。
しかし、電気屋さんでソフトを見ていたら、英語関係以外もついつい見てしまい、いつも欲しくなってしまう。
友コレやマリオカート、育成ゲームなどなど。
変わったソフトで、トラベルシリーズも売れているらしい。
これだけあれば、電車内などのちょっとの空き時間には有効活用できそうだ。