雪の降る火曜の明け方にこっそりと星空と谷になびくそよ風

「涙」を好きという人もいるだろうし、嫌いという人もいるはず。興味のない人だって。あなたが思う「竜巻」はどんな感じ?

湿気の多い木曜の深夜は椅子に座る

検診は、毎回なぜか引っかかる。
脈だったり、数値だったり、尿だったり。
胃の検査をバリウムを一気飲みして受けてみて、健診結果をもらうと、がんの疑いがあるので、すぐに、検査を紙面に記載の病院にて受けてください。
と書いてあったのには、あせった。
あせったそれに加えておそろしかった。
早く人に聞いた病院に再検査に行ったら、結局、胃炎だった。
胃は前からうずいていたので、身体検査に引っ掛かったのはわかるが、言葉で私の名前とがんの疑念があると書きつけてあったらおそろしかった。

どんよりした休日の夜に読書を
少年はものすごく腹ペコだった。
あと数日で夏休みという時期、学校から早足で帰宅しているときだった。
セミももう大きな声で鳴いていて、日差しは強く、夕方でもいまだ太陽は低くなかった。
少年は汗をたらして一人で歩いていた。
友達と一緒に帰るときも多いが、今日はめちゃめちゃお腹が減っていたから、急いで家に帰って何かを食べたかった。
少年が食べようと思っているのは、昨夜のカレーの残り。
昨日のカレーは、たしか鍋に半分くらい残っていた気がする。
ご飯もおそらく、残ったのが冷蔵庫に入ってたはず。
少年は期待をこめて、早足で家へと向かった。
すると、汗が一段と流れ出した。

具合悪そうに泳ぐ友達と冷たい肉まん

「今夜はカレーよ。」
少年は母親が言った今のセリフを耳にして、思わずガッツポーズをとった。
少年は小学校から帰宅して、ソファーに寝転がってテレビを見ていた。
今日は西日が強い。
網戸の窓では風鈴がときどきチリリンと音を立てていた。
TVでは、昔のなつかしアニメを再放送していた。
今日のアニメは「一休さん」だった。
こんなにも頭が良い坊主がいたら、学校のテストなんて満点だろうな、と少年は思っていた。
だけど、お鍋からカレーのいい匂いが香って来たとき、少年はアニメのことは考えてはいなかった。

前のめりで泳ぐ家族と失くしたストラップ
午前中、時間に余裕があったので、HMVに足を運んだ。
新規でMP3プレイヤーに挿入する音楽を見つけるため。
この夏、しょっちゅう楽しんだ曲が西野カナさん。
だいたい聞いているのは洋楽。
ワールドミュージックも素敵だと思っている。
そう思い立って、今回レンタルしたのはフレンチポップだ。
甘いボイスと仏語が良い雰囲気だと思う。

無我夢中で歌うあの人と擦り切れたミサンガ

いつかの深夜の出来事だけど、私は仲良しの女の子と、都内から一般道を使用し、茅ヶ崎に行ってみた。
それは、お気に入りのデジタル一眼で海岸を撮るためだったが、上手に写せない。
浜辺は久しぶりだったので、撮影に飽きるとヒールを脱いで海の中に入りはじめた。
それも飽きて、砂浜で棒崩しをして遊びはじめた。
その時までは、たぶんそばに置いていたCANONの一眼。
じゅうぶんに遊んで、帰宅中、GSで一眼レフがケースにない事に気が付いた。
しょうがないと思い部屋まで戻ったけど、それからしばらく、とても残念な思いをしたのを覚えている。
数百枚の記録が記憶されていた大好きな一眼、現在はどこにあるんだろう?

月が見える大安の午後は冷酒を
今よりもかなり肥満だった時期に、絶対欠かさなかったのがハニートーストだ。
ピークの時は、夜ごはんの後に2枚くらい食べた時期もあった。
最悪なことに並行して、ハッシュドポテトにまで取りつかれてしまい巨大化の道へまっしぐらだったあの頃の私。
試したダイエットが、変わったものばかりだ。
例えば、14日間スープダイエット。
これは2週間程同じレシピのスープだけで生きる食事だ。
職場にも水筒に作って持って行ったという徹底さ。
次がトマトを夜ごはんに置き換えるという痩身法。
それは、今ではできない。
その後、2年ほどで生活習慣を調えると、気が付くと元通りに。
なんでも地道にするのが一番。

喜んで歌う子供と花粉症

夏休みも2週間くらい過ぎた頃の夕方。
「カンケリ」で鬼になってしまった少年は、ものすごくお腹がペコペコだった。
捕まえても捕まえても、缶をけられて捕まえた友達が脱走するので、もはや本日のカンケリは終わらないんじゃないかとため息をついた。
クタクタにつかれて家に帰ると、ドアを開ける前に、今日の晩御飯が分かった。
とてもうまそうなカレーの匂いに、少年は疲れがふっとんだ。

具合悪そうに踊る友達と紅葉の山
中洲のクラブのお姉さんを見ると、すごいなーと思う。
それは、キメキメの外見、トーク術、努力を惜しまないところ。
お客に完璧に勘違いをさせないで、ビジネスだとちらつかせながら、太客になってもらう。
そして、もしかしてこのお姉さん、僕に気があるのかな?など気にしてもらう。
このバランスのとり方が、どの職業よりも、絶妙だ。
それよりも、私はとにかくホステスの収入が非常に聞いてみたい。

勢いで話す家族と穴のあいた靴下

チカコと福岡市内のアバクロンビーにショッピングに行った。
私たちはAbercrombieのセレブっぽいコーデが気に入っている。
あと、店内のデザインと、香水の匂いが。
1時間くらいみて、アバクロンビー&フィッチを後にした。
気付いたら、私が歩道をふさいでいたので、すみません!と言い後ろを見た。
見ると、店内にいたお兄さん。
笑顔で、いえいえ、と言っていた。
ビックリしたのは、彼の荷物。
アバクロンビー&フィッチでどれだけ買ったの?と質問したくなった。
次に入店した、スターバックスでちかことそのお兄さんの収入当てで議論をした。
本当の事は永遠の謎だ。

そよ風の吹く金曜の夜明けは椅子に座る
関東でも古くより華やいでいる町が、台東区にある浅草。
その中で参拝客の多い仏様が浅草寺だ。
つい最近、参拝に行ってきた。
久しく行く台東区浅草詣で。
再び、自分自身の目で正しく確認して理解したことが、外国からの観光客が多いということ。
各国からお客様の集中するここ浅草、以前よりどう考えても多い。
そもそも、世界で一番背の高い電波塔、スカイツリーが建った関係もあると考えられる。
近隣の諸国からは、ビッグバードハブ化によってアクセスが便利になったという事で、プラスして、ヨーロッパの方やアメリカ方面は、着物や和装小物に魅せられてやってくるツーリストが多いと思う。
されおきこの先の未来も多くの外国人が来るということを予想した。
日本の素晴らしさを見つけぜひ楽しんで心に残る印象を抱いてほしい。
私はというと、仲見世通りを思いっきり散策することができた。
お土産に名物の人形焼と、雷おこしをたくさん購入して、着物や帯も観賞させてもらった。
宝蔵門を抜けると、立派な浅草寺本堂が見えてくる。
この瓦屋根はチタン瓦を使用し、工事を行ったという。
浅草寺で秘仏の観音様に日々の健康に感謝しご参拝した
今の努力が、この先表れるといいなと。