雹が降った祝日の朝はシャワーを星空と谷になびくそよ風

「ミネラルウォーター」のことを好きな人もいれば、嫌いという人もいるだろう。興味のない人も。アナタが思う「焼き魚」はどうなんだろう?

よく晴れた水曜の夕方は座ったままで

山梨の甲府はフルーツ大国と言われているほど果物生産が行われている。
日本で珍しい内陸県で背の高い山脈に囲まれている。
それにより、漁もできなければ稲作もあまり盛んではない。
なので、山梨県を治めていたあの柳沢吉保がフルーツ栽培をすすめたのだ。
他県に負けない優れた名産が経済を潤すと考えたのだろう。
盆地の水はけのよさと、山国ならではの寒暖の差は立派な果物を実らせる。

陽気に踊る兄さんとアスファルトの匂い
少年は、今日は学校の給食係だった。
帽子とマスクをつけて、白い割烹着を着て、他の給食係達と、給食を取りに向かった。
今日の主食は、お米じゃなくてパン。
バケツみたいに大きなフタつきの鍋に入ったシチューもあった。
少年は、一番重たい牛乳は、男が運ばないといけない、と思っていた。
クラス全員分だから38本ある。
なので自分が、バットに入った38本の牛乳を持ったのだけど、同じ給食係のフーコちゃんが一緒に運んでくれた。
重たい瓶入り牛乳を女子には持たせたくはなかったけど、同じクラスで気になっているフーコちゃんと教室まで一緒に歩ける、と思ったので、少年は少しドギマギしながら、何も言わずに2人で牛乳を運んでいくことにした。

凍えそうな平日の昼は昔を思い出す

近頃、横腹のぜい肉を筋肉にと思い腹筋を頑張っている。
娘を私の足元にしがみつかせて数を数えながら筋トレを行っていたら、家族とのふれあいにもなって、娘も数を心覚えるし、私の見苦しい脂肪も減るし、いいことずくめだと考えていたら、最初は、喜んでいた子供もすぐにあきて動いてやらなくなってしまった。

風の強い火曜の日没は昔を思い出す
かつて、両親は、娘の私の友人関係に対し、大分積極的であることを強いてきた。
一般から遠のいてはいけない、とも。
非常につらい時代だったと考える。
授業が過ぎると、毎日のように嘘の話をハキハキと母に話す。
すると、安心したような顔を見せてくれる。
ちょっとでも違うと、好かれない。
こればかり思っていた学生時代の私とお父さんとお母さん。
可哀そうな昔だと今は感じる。

気持ち良さそうにお喋りするあいつと夕焼け

ちょっと前、テレビで、マックチキンの味をまねたものといって流していた。
非常に似ていそうだと感じて、家内にしてもらったが、マクドナルドのチキンナゲットの味では絶対にないけれどうまかったですね。
味わってみたら衣がわずかに固かったけれど、中は、チキンといえばチキンなんだから、私程度では、多少の異なるところはわからなくてめちゃめちゃおいしかったです。

よく晴れた平日の夕暮れに微笑んで
そそられなかったけれど、スポーツもほんの少しでもしなくてはと近頃考える。
職務が変わってから、今日この頃、走ることが大変少なくなり、体脂肪率が非常に増した。
また、年も関係しているかもしれないが、横腹にぶよぶよと脂肪が醜くついていて、ものすごくみっともない。
わずかでも、走らないとだめだ。

笑顔で体操する兄弟と飛行機雲

少し前の猛暑、ガンガン冷やした部屋の中で氷たくさんの飲み物をしょっちゅう摂取していた。
私はまれに熱中症にかかっていたので、水分を取るのが必須だと思いついたから。
クーラーの効いた室内で、キャミソール、それにレモンティーにハーゲンダッツで体まで冷やした。
だから、快適だと実感していた猛暑対策。
すると、その年の冬に、いつもよりかなり冷えを感じることが多くなった。
部屋の外に出る仕事が増えたこともあるが、寒くてコンビニへすら出れないという事態。
なので、たぶん、真夏の過ごし方はその年の冬の冷えにもつながると思う。
多く栄養を取り、偏りの少ない食生活を心がけるのがベストだと思う。

気持ち良さそうに叫ぶ弟と草原
蝉も鳴かなくなった夏の夜。
少年は縁側に座り、スイカを食べていた。
かじってはスイカの種を外に吐いていると、ときおり種が飛ばずに、自分の服に落ちたりしていた。
傍に置いている蚊取り線香の香りと、月が明るい蒸し返す夜、それからスイカの味。
少年はそれぞれを感じながら、残りの夏休みは何をして遊ぼうか、と思っていた。

具合悪そうにお喋りする姉ちゃんと月夜

手に入れた裁縫するための布で、園に9月から通うひとり娘の必要な袋を作らなくてはいけない。
というか嫁が裁縫するとはいえ、自分も絶対やだというわけではないので、大変そうだったら手伝おうと思う。
持っていくものを入れる手製の袋が幼稚園に通い始めるためにはいるみたいだ。
ミシンも遅まきながら手に入った。
使用感も感じてみようと思う。

天気の良い祝日の早朝にビールを
time is moneyは、的確な言葉で、ダラダラしていると、実際にすぐに時間が無くなってしまう。
もーっと、素早く業務も報告書も終了すれば、その他の事に時間を回せるのに。
掃除をしたり、ウォーキングしたり、自炊したり、文庫本を読んでみたり。
とのことで、ここ最近、シャキシャキはじめようと気を張っているが、どれくらい出来るのか。